厚切りのチャーシュー

チャーシュー豚骨ラーメンの美味しさを支えるトッピングで欠かせないのは、存在感がたっぷりあるチャーシューです。トッピングがなくても麺とスープだけでシンプルに味わうのも良いですが、具材の変化で味も変わるので違いを楽しみましょう。薄くスライスされたチャーシューも美味しいですが、せっかくなら厚切りのチャーシューである方が、より豚骨味のスープとの相性が良くなります。トッピングによって、豚骨ラーメンの見た目や雰囲気が変わりますが、チャーシューだけは欠かせない存在です。最近ではあぶってあるチャーシューなど、店によって様々な個性を出しているものが多いチャーシューですが、豚骨ラーメンにはより多くのチャーシューがある方が人気です。

トッピングから先に食べる人と、麺やスープを食べてからトッピングを食べる人もいますが、それぞれの食べ方によって個性が主張できるのもラーメンの良さです。あまり枚数が多いと胃がもたれる印象があるチャーシューですが、豚骨ラーメンにチャーシューがないというトッピングはあまり存在しないというほどスタンダードな存在となります。特に白身が多いバラ肉を使ったチャーシューは、口の中でとろけてしまうので好評でしょう。